WordPressパスワード保護ページをイジれるようにするソースコード

WordPressのパスワード保護ページを
カスタマイズできるようにするには、
function.phpに以下のコードをコピペしたらOKです。

BEFORE

パスワード保護ページカスタマイズ前

AFTER

パスワード保護ページカスタマイズ後

function.phpに以下を追加

function my_password_form() {
  return
    '<div class="page_pass_wrap">
	<div class="page_pass_text">このコンテンツはパスワードで保護されています。<br>閲覧するには以下にパスワードを入力してください。</div>
    <form class="page_pass" action="' . home_url() . '/wp-login.php?action=postpass" method="post">
		<input class="page_pass_input" name="post_password" type="password" size="">
		<input class="page_pass_submit" type="submit" name="Submit" value="' . esc_attr__("パスワード送信") . '">
    </form>
	<div class="post_password_forget">
		パスワードを忘れた場合:<br>
		<a href="#">こちらからお問い合わせください</a>
	</div>
	</div>';
}
add_filter('the_password_form', 'my_password_form');
上記ソースの、文言やクラスは任意で変えてください。

あとは、自分の好きなように、cssをいじるだけです。

タイトルの「保護中」を削除するには

下記コードをfunction.phpに追記。
add_filter('protected_title_format', 'remove_protected');
function remove_protected($title) {
       return '%s';
}
参考サイト:
https://design-plus1.com/tcd-w/2016/08/password.html

1つのコメントがあります。

  1. こんにちは。いつもブログ楽しく読ませてもらっています。wordpressのパスワード保護設定ページのカスタマイズがうまくいかずに苦労しているのですが、パスワードを入力してもページが閲覧できない場合、どういった理由が勘がられますでしょうか?

コメントを残す