通販会社にいた私がオススメする単品通販(定期購入)カートシステム3社

私はこれまで5種類の単品通販商品に関わってきて、
現在も一部、運営に関わっています。

また、以前は通販会社でウェブデザイナーとしても働いていました。

そんな私が、単品通販カートを実際に運用して使ってみた上で、
使いやすかったところや欠点が見えたので
超個人的な視点から比較して紹介したいと思います。

私が運営に使ったことのある単品通販カートは、下記の3社です。

  • リピスト – 2017年使用
  • 侍カート – 2017年使用
  • サブスクストア(旧:たまごリピートNext) – 2019年使用
  • ECフォース – 使用経験なし
  • WooCommerce – 使用経験なし

カートの選び方基準

通販カートの選び方はまず、

  • デザイナー側の視点(カスタムしてCVRアップに繋げたい)
  • バックオフィス側(マーケ側・管理側)の視点

この両面からみて判断することが重要です。

どちらから一方が優れていても
どちらか欠点があればのちに、
運営のしづらさを痛感してしまうことになります。

カート選びの重要項目

通販カートを選ぶにあたり重要な項目はこんなところでしょうか。

  • 広告管理の操作性(アドコードなど)
  • 入力フォームのカスタマイズ範囲(広い方がいい)
  • アップセルやクロスセルのカスタマイズ範囲(表示位置と表示数)
  • 運営費用
  • サポート体勢
  • 物流との連携
これらを実際に使ってみた観点から
比較しながら紹介していきたいと思います。

目次[閉じる][開く]

そもそも単品通販とは?

単品通販とは、基本的に1商品に限定して通信販売していくモデルです。

新規よりもリピーターの売上が全体の売上を支える構造なので、
通常の通販と違って定期購入に重きを置いています。

そのため、単品リピート通販と言われることもあります。

1商品に集約してマーケティングを行うので集客力が高く、
最近では青汁の単品通販でヒットした「青汁王子」も有名ですよね。

ここでは、単品通販に必要な「単品通販専用カートサービス」を、
CVRに特化してランキングしてみました。

カート自体のアップデートがかかっているかもしれないので、
詳しくはそのカートにお問い合わせください。

オススメno.1 「ECフォース

  • 月額49,800円~
  • 初期費用14,8000円~

良いところ

  • 購入画面が自由にカスタムできる
  • CVR業界No.1

悪いところ

  • 月額費用が高い

こういう会社にオススメ

  • CVRをとにかく上げたい方
  • 既に売上があって乗り換えたい方

株式会社SUPERSTUIOが開発した「EC Force(ECフォース)」。

私は唯一、このカートを使ったことがないのですが、
他のカートを使ったからこそ、ここだなと思いました。

このカートはCVR(コンバージョン率)を限界まで、
上げるための機能が盛り沢山で、

特に最高だと思ったのは、
LPのみならず、購入確認画面や完了画面を
HTMLやCSS、Javascriptで自由自在にカスタムできるという点です。

アップセルをどう見せるのかで、
売上は数百〜数千万円変わってきますので超デカイと思います。

意外とこの部分、他のカートではあまりいじれないんです。

後ほど紹介するサブスクストアではほとんど変更できません。
リピストは若干できるのですが、限界があります。

事実、CVRが業界でもNo.1に輝いていますし、
さらにこのカートを導入しているショップの平均月商は、
業界最高の1.5億円を達成しています。

他社からの乗り換えも多いみたいで、
独自機能を追加させたり、
1から全てをフルスクラッチすることも可能です。

また、他社のサポートは基本的に、「カートの使い方のみ」のサポートなのですが、

ECフォースは、商品企画、マーケティング、CVR施策など幅広く相談できるようで、
SUPERSTUDIOがこれまでに培ってきたスキルやノウハウを
聞けるみたいです。

オススメno.2「リピスト

  • 月額14800円~
  • 初期費用29800円~

良いところ

  • カスタマイズできる範囲が比較的広い
  • 月額費用が安い

悪いところ

  • ファイル場所がわかりづらい
  • LPのhtmlソースコードをリピスト用に変更しないといけなくて面倒

こういう会社にオススメ

  • 費用を安く抑えてカスタムしたい方

定期購入カートシステム「リピスト」は、株式会社PRECS(プレックス)が運営しています。

デザイナーの自分が使っていた時に思ったことは、
結構カスタマイズできる。

なので、フォームのデザイン変えたり、
アップセルの表示位置を変えたり、
確認画面デザインを大幅に変えたり。

ですが、
リピスト独自の仕様になっているので
そこは一目でわからないので、どこをいじったらどこに反映されるのかを
サポートに聞くと丁寧に答えてくれます。

ある程度コーディングできる方なら問題なくいじっていけると思います。

広告周りや物流との連携もしっかりできるので、
使いやすいです。

管理画面のUIは、サブスクストアに1票です。

オススメno.3「サブスクストア

  • 月額49800円~(税別)
  • 初期費用69800円~(税別)

良いところ

  • 管理画面が使いやすい
  • サイトアップロードなどがめちゃ楽

悪いところ

  • アップセルを複数種類おけるようにして欲しい
  • カスタマイズ範囲が狭い

こういう会社にオススメ

  • 操作性重視する方や未経験者の方はダントツこのカート

定期購入カートシステム「サブスクストア」(旧:たまごリピートNext)は、テモナ株式会社が運営しています。
なんか最近「たまごリピートNext」から「サブスクストア」に生まれ変わったみたいです。

一言で言うと、かなり使いやすい。

アフィリエイトサービス販促との連携も豊富みたいです。

ただ1つ欠点は、
確認画面にアップセルに1商品しか置けないので、

確認画面でのアップセルで、
「3個セット」もしくは「2個セット」にしませんか?みたいに、

2種類のアップセルが置けなくて、
1種類のみで対応することになりました。

ぜひそこはアップデートかけてもらいたいです。

あとは、「リピロジ」という通販物流代行サービスがあるのですが、

そこと連携パートナーになっているので、
一元管理で運営体制のサポートをしてもらうこともできるみたいです。

番外 ほぼコストゼロの「WooCommerce

  • ドメイン代とサーバー代のみ(年間15,000円前後)

WooCommerceは、
Wordpressに「ネットショップ機能」を
追加させることができるカートシステムです。

自分で気軽に定期購入カート持てちゃいます。
ただ、機能はあまり揃っていないので、
ある程度の規模でやるなら
上記3つのカートにしておいた方がいいでしょう。

・自動ステップメール
・アップセル機能
・LTV指数
・アドコード発行 ・代理店管理

この辺りの機能がないです。

最後に

侍カートに関しては使ったことあるのですが、
他社に比べてオススメできる要素が見当たらなかったので
ランク外として記入しませんでした。

これからも通販とは関わっていくので、
その都度この記事も更新していきたいと思います。

間違っている情報や、ご意見あれば
コメントで共有して頂けたら、記事の追記を行います。

コメントを残す